プロフィール

チームうたたね

Author:チームうたたね
メンバー紹介
【HN】
①やってるTCG
②主な戦績
③TwitterID

【手塚/部長】
①WS・Chaos
BCF2014WS大阪ラブライブ盾
 WGP2013WS東京2位
 BCF2012WS全国8位
 BCF2012WS大阪6位
 WGP2012WS金沢アイマス盾
 BCF2013Chaos仙台グリザイア盾
 WGP2013Chaos大阪決勝T
@butyouare

【ミナセ】
①WS・Chaos
WGP2012トリオ東京3位
 2012Chaos日本選手権横浜8位
@minase_saya

【片桐】
①WS.Chaos
②WGP2011名古屋トリオベスト8
 WGP2012トリオ東京3位
 BCF2014仙台トリオ3位
@TCGPK_K

【カンバッチ/ノア】
①WS・COJ
②BCF2012横浜D.C.タイトル2位
@kanbatch514

【ろくさす】
①DM・WS
WGP2014金沢ネオス優勝
 WGP2013名古屋トリオ優勝
@roxas_WS

【オリハラ】
①Chaos・WS・MTG
WGP2014しろくろフェス優勝
 BCF2012東京全勝
 WGP2013D.C.盾
@orihara_tcg

【クロ/ホムラ】
①Chaos・WS
WGP2014Chaos大阪準優勝
 WGP2013Chaos全国準優勝
 WGP2013ネオスChaos東京優勝
@Homura257143

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

174

個人戦と団体戦の違い

どうも手塚です

いやぁー考察記事書くのひっさしぶりになりますね!
前々から考えてた「個人戦」と「団体戦」の違いについてまとめてみようと思います

もちろんヴァイスでの話です
団体戦=トリオだと思って下さい

考察に至った理由は色々ありますが、
・BCF2014は全国大会がなく、トリオ人口が多そうである事
・上記に伴い第3回さくら杯を試験的にトリオ形式にした事
以上2点が主な理由です

とりあえず個人戦と団体戦の比較検証する項目を上げていきます
①メタカード
②相性
③事故
④戦略性
⑤目的意識
⑥人間関係
このぐらいかな?
では早速

①メタカード
メタカードの脅威度が個人戦と団体戦の大きな違いだと思っています
列挙します

ひどすぎる完二ちゃん
帰ってきた笑顔 美夏
祥鳳型軽空母2番艦 瑞鳳
署内一の頭脳派 足立
所長のアシスタント ゆず
銀の魔銃 マミ
《閃光》のアスナ

を始めとする早出しメタ

“カリスマ魔女様”朱音
“風紀委員長さん”佳奈多
ビビッときた二人 あかね&わかば
水着のエイミー&ベローズ
暁型駆逐艦2番艦 響



以上5種類の回復メタ

正々堂々 レオ
女子高生アイドル りせ
小さな頃みたいに 音姫
夕張型軽巡 夕張
千歳型軽空母2番艦 千代田航改二
陽炎型駆逐艦7番艦 初風


以上6種類の回収メタ


加えて万能除去のバウンスアイコンや《ラスボス修行 デスコ》などのCX連動除去、《飛天無双斬》などによる全体除去、《“偽物”貝木泥舟》によるピンポイント除去&助太刀メタも強力なメタカードです

ていうかWSというゲームで除去が強すぎるので、もはやメタと言っていいのか・・・

更に極論を言ってしまえば、《ゆず&慎》などの1レベル相打ちキャラも1/1キャラに対するメタカードになります。

拡大解釈はこの辺にして本題

BCFやWGPの個人戦において全国を目指すには、7・8回戦でほぼ全勝が必要条件でした
ですがこれだけメタカードが増加した今、メタカードを搭載したデッキを踏まない方が難しいと思われます
もちろんこれらのメタカードはゲームを終わらせる程強力なものではなく、メタの回避のしようはいくらでもありますが、
・メタに引っかかるデッキを持ち込むとそれだけで相性不利になる可能性がある事
・このようなメタカードが増加傾向にある事
これらの事実の上で、運要素とメタカードをすり抜けて全勝を前提とするのは非常に困難です

トリオの場合、タイトル縛りがある場合はそもそもメタを踏む確率が下がりますし、メタを踏んで不利でもぶっちゃけ他2人が勝てればいいので、個人戦よりメタに対するリスクが大幅に低くなります


②相性
これは対象をメタカードに限定してないだけで、言いたい事は①とほとんど同じです
個人戦だと相性の悪いタイトルを踏んだらそれだけで不利になり全勝が遠ざかりますが、トリオであればそもそも相性の悪いタイトルを踏む確率も下がります
リライトに勝ちにくいまどマギやミルキィでもトリオなら有効です


③事故
個人戦は事故って負けたらそこで終わりです
3パン出来ないレベルの大事故は稀ですが、3-0から7点貫通して挫折した経験は誰もがあると思います
トリオなら3人揃って事故ることはまずないでしょう
結果として運要素の高いこのゲームでチーム間の実力差が如実に出やすくなります
もっとも、事故ってる所からいかに勝つかが醍醐味でもあるんですけどね


④戦略性
基本的にトリオでは大将の勝ち数は重要なので、チーム内のメンバーやタイトルの配置に戦略が生じます
配置や環境やメタの読みなどの要素があるのでトリオは個人戦より若干複雑です


⑤目的意識
①②③④がゲーム性に関するものだったのに対して、⑤⑥は俺個人の精神論的なものになります
自分は目的意識は結構大事だと思っています
目的そのものも大事ですが、それ以上に目的意識の強さが大事だと思います
勝敗にはあまり関係ありませんが、自分は目的意識の強さに応じて、勝った嬉しさや負けた悔しさを経験します
トリオでも当然メンバー間で重かったり軽かったりしますが、せっかくなら目的意識をシンクロしてメンバーで同じ感動や挫折を味わうべきだと思っています


⑥人間関係
個人戦なら勝っても負けても自己完結で終われますが、団体戦だとそうはいきません
そもそもメンバーを探す段階で実力よりも人間関係に影響されやすくなります
⑤でめっちゃ自分押し付けてますが、それ故にゲームに人間関係を持ち込みたくないってのが僕の本音です


以上です


なんで自分からさくら杯のハードル上げるような事書くかねw
⑤⑥は自分の勝手な主張なので気にしないで下さい

まとめると、
団体戦はタイトル相性や運要素などのリスク下がるというメリットがある

って事です
拙い文章でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!


スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。