プロフィール

チームうたたね

Author:チームうたたね
メンバー紹介
【HN】
①やってるTCG
②主な戦績
③TwitterID

【手塚/部長】
①WS・Chaos
BCF2014WS大阪ラブライブ盾
 WGP2013WS東京2位
 BCF2012WS全国8位
 BCF2012WS大阪6位
 WGP2012WS金沢アイマス盾
 BCF2013Chaos仙台グリザイア盾
 WGP2013Chaos大阪決勝T
@butyouare

【ミナセ】
①WS・Chaos
WGP2012トリオ東京3位
 2012Chaos日本選手権横浜8位
@minase_saya

【片桐】
①WS.Chaos
②WGP2011名古屋トリオベスト8
 WGP2012トリオ東京3位
 BCF2014仙台トリオ3位
@TCGPK_K

【カンバッチ/ノア】
①WS・COJ
②BCF2012横浜D.C.タイトル2位
@kanbatch514

【ろくさす】
①DM・WS
WGP2014金沢ネオス優勝
 WGP2013名古屋トリオ優勝
@roxas_WS

【オリハラ】
①Chaos・WS・MTG
WGP2014しろくろフェス優勝
 BCF2012東京全勝
 WGP2013D.C.盾
@orihara_tcg

【クロ/ホムラ】
①Chaos・WS
WGP2014Chaos大阪準優勝
 WGP2013Chaos全国準優勝
 WGP2013ネオスChaos東京優勝
@Homura257143

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

161

規制改定後の環境で様々なデッキを使ってみた感想と改善案および考察 by片桐

どうもお久しぶりです片桐です

今回は規制改定後のゼロ魔、リライトを使ってみた感想とそれと当ててみたところのSAOとなのはをメインに考察していきたいと思います

まずゼロ魔から
予想通り貴族選択のデッキ多いですね
簡単なアドバンテージなので採用する気持ちはわかります
相手にすると2帯長引かせないようにするので精いっぱいですね
その間にライン持ってかれます
しかし使ってみた感想はというとコストがいっぱいいっぱいなので2帯上がるまでにどれだけ温存出来てるかにもよります
次のターンとか考えると早出しメインではあるものの貴族自体はバウンスしてもらったほうがはるかに楽です
人質救出に頼った回収では限界すらみえますね
でも3帯にあがっても押せるわけではないのでキャンセル勝負
個人的には結構きついです
これにリフレッシャーがいた時代は強すぎましたね

次にリライト
これもちはやチェンジを考える人はやはり多かったですね
ちはやチェンジのデッキパワー自体は健在なんですが実はアンコールをつける篝が微妙ですね
あれ0帯に積むくらいならもうちょいまともな応援いれてカウンター握ってたほうが返しやすいです
どうせ返ししかアンコール持たないですし
なにより今のタイトル9500くらい簡単に触ってくるので毎ターンアンコール要求とかされて押されたりしますね
篝採用は安直過ぎだと判断しました
あることはいいのですが他になんかなければ腐りますね

そんな上記二つのタイトルと当たってみたSAOですが
ゼロ魔相手なら2帯以降も閃光アスナで遅れをとらない攻めができます
よって必然的に1帯有利な分SAOのほうが安定した強さを見せました
リライト相手もカウンター握れたり形で触りに行ったりと相手にペースを与えないことができるのでいいと思います
「風を踏む」は手段の一つであって風があることそのものがメタであるとは思ってないです
たまに緑の3帯使われますが強いと思ったことないですね
1帯でアスナネームのカードを一切使わない縛りとかしないと採用する利点は後列キリトに劣ると考えてます
効果自体は採用圏内といえるので採用するなら完成度を上げられるように頑張りましょう

最後になのはですね
なのはもゼロ魔についでコストのきついデッキです
フェイトの早出しはタイミングがそう何回も来るものではないのでこれで貴族を刈り取るのは至難の業でしょう
はやて&リィンフォースも早出しだけならほとんど必ず成功するのですが自ターンのパワーはフェイト以下とこちらもなかなかに触りにいきにくいです
代わりにはやて&リィンフォースの相手ターン中のパワーは貴族では触りに行くのが大変なのでお互いお見合いすることが多々ありました
また1帯にコストキャラを入れてない構築を良く使うので0コストと相内できるルイズが結構刺さりました
1帯の先上がりと2帯の後上がり時に苦難を強いられる厳しいタイトルですね
リライトを相手にしてもチェンジしたちはやに触るのは難しいです
ただしはやて&リィンフォースもフェイトもなかなか触ってこれないので2帯で盤面を取り返すことはできます
まだまだ課題を多く残しているタイトルと言えるでしょう

夏休み期間ももうすぐ終わるので調整時間がなかなかとれなくなりそうですが頑張って完成度の高いデッキで次の予選に挑みたいと思います
ではお疲れさまでした
片桐でした
スポンサーサイト
  • Date : 2013-09-08 (Sun)
  • Category : WS
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。