プロフィール

チームうたたね

Author:チームうたたね
メンバー紹介
【HN】
①やってるTCG
②主な戦績
③TwitterID

【手塚/部長】
①WS・Chaos
BCF2014WS大阪ラブライブ盾
 WGP2013WS東京2位
 BCF2012WS全国8位
 BCF2012WS大阪6位
 WGP2012WS金沢アイマス盾
 BCF2013Chaos仙台グリザイア盾
 WGP2013Chaos大阪決勝T
@butyouare

【ミナセ】
①WS・Chaos
WGP2012トリオ東京3位
 2012Chaos日本選手権横浜8位
@minase_saya

【片桐】
①WS.Chaos
②WGP2011名古屋トリオベスト8
 WGP2012トリオ東京3位
 BCF2014仙台トリオ3位
@TCGPK_K

【カンバッチ/ノア】
①WS・COJ
②BCF2012横浜D.C.タイトル2位
@kanbatch514

【ろくさす】
①DM・WS
WGP2014金沢ネオス優勝
 WGP2013名古屋トリオ優勝
@roxas_WS

【オリハラ】
①Chaos・WS・MTG
WGP2014しろくろフェス優勝
 BCF2012東京全勝
 WGP2013D.C.盾
@orihara_tcg

【クロ/ホムラ】
①Chaos・WS
WGP2014Chaos大阪準優勝
 WGP2013Chaos全国準優勝
 WGP2013ネオスChaos東京優勝
@Homura257143

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

157

2013年度後期制限改訂考察

昨夜21時頃制限改訂が発表されました!

ws_deck_2013kouki0001.jpg

【リライト】
選抜:“散る桜の宿命”咲夜/お風呂上りの朱音/“輝く青空の下で”ちはや

【ディスガイア】
2枚→使用不可:超魔王ラハール
選抜:“ビューティー男爵”中ボス/ラハール&マオ/元・天使フロン

【ゼロ魔】
選抜→解除:人質救出作戦

【ハルヒ】
使用不可→選抜:色褪せた世界

今回動いたタイトルは4つ。

リライト・ディスガイアは明らかに環境の中核だったのでまぁ妥当かと。
特にディスガイアは9月13日に追加も控えていますしね。

ゼロ魔・ハルヒは今更感がありますが、どちらも強力な回収イベントの緩和。

特にゼロ魔の人質救出作戦はかつて暴力的なまでに猛威を振るっていました。
キーカードが規制された途端大人しくなったのに、それが帰ってきたとあれば使用者は増え環境に食い込む可能性が高いでしょう。


内容について。
まずはリライト。

リライトは身代わり、チェンジ元、集中の3種選抜。
集中は《“地球委員長”ルチア》や《水着の井上》と、《お風呂上りの朱音》には見劣りするものの優秀な集中がいます。

問題は身代わりとチェンジ元の選抜。
今までのリライトは0レベは《“月明かりの下で”瑚太朗&篝》・《 “明るい笑顔”ちはや》、1レベは《“輝く青空の下で”ちはや》・《水着のちはや》・《 “■■■?”ちはや》と、ちはや・瑚太朗がメインアタッカーだったので咲夜のレスト+1000はもちろん、レベル+1による置き相打ちの無効化が非常に強力でした。

咲夜自身も自ターンパンプでキャラを残し、身代わりするキャラの選択肢を増やせるという非常に自己完結している1枚です。というか普通の身代わりは腐ります。

ここで問題なのが、咲夜を採用するとチェンジ元が詰めず場に残すべきキャラが弱いことです。
水着のちはやで置き相打ちビートも楽しそうではありますが、確実に踏まれる上に咲夜の数も限りがあるのでオカ研があるといっても息切れしそうです。
“一緒に歩く道”ちはや》も2レベで素出しするには若干重く、2レベアタッカーが2/1バニラ瑚太朗か2/2バニラちはやも採用圏になります。

かといってチェンジ元を選抜すると今度は9500ライン、応援込みで10000を守らなければいけません。
“模索する者”篝》が恐らく最も手っ取り早い解答でしょう。
10000ライン程度ならとある・犬日々・なのは・SAO・アイマスは簡単に出力してくるので環境のパワーラインを見て助太刀の枚数をいじる必要がありそうです。

今までのリライトは1レベから9500ソウル2キャラを早出しし、1面ダイレクトとソウル2キャラ・無損失の扉連動による1週目のソウルゲーがまず最初に警戒すべき点だったので、咲夜よりもチェンジ元選抜かなと思います。

ついでに言うと集中井上の中央パンプはかなり強いです。


次にディスガイア。

こちらは事前に宣告されていた通りの処断刑です。
既存の赤青デスコ型はラハマオによるチェンジ元・助太刀・元天使の回収、アクターレで自ターンの、元天使で相手ターンの盤面維持を行っていました。
ぶっちゃけ元天使でなくても《サファイア・ロードナイト》でアンコールは付与出来ます。

中ボスも、最終ターンの選択肢としてはかなり強力でしたが、
リフレッシャーよりもチェンジを優先することから積極的に使うのは3レベからでした。
目的もリフダメ回避が主で、1点バーンはもちろん強いのですがそれで勝つ試合は稀です。

リフレッシャー自体もディスガイアには
伝説の主席卒業生ラズベリル》・《暴君エトナ》・《超勇者オーラム》・《超合金ロボ グレートフロンガーX
と色々いるので代用は出来そうです。

問題は超魔王ラハールの禁止。
ディスガイアにはレベル応援がないので、相手ターン最大パワーがDESCO+ロザリのせいぜい11500~12000。
両脇において相手のレベル応援をケアしたとしても、とある・まどか・アイマスは後列抜きで、犬日々・SAO・なのはは0レベ応援込みで11000出力できるのでCXで3タテされます。
2レベでデスコチェンジ2面で制圧しても下手すると手札がもちません。

最終的には追加待ちという結論になってしまうのですが、冷静に考えてDESCO以外のCIP回復3レベやレベル応援が出たらそれこそ超魔王2枚でも止まらなかったと思います。
そう考えると超魔王禁止は妥当なのかもしれません。

追加に期待してます。



さて、どさくさに紛れて何か変なのが選抜から解除されてますね。

選抜→解除:《人質救出作戦

正直このタイミングでコイツを解放する意図がわかりませんでしたが、
色褪せた世界》の選抜入りを見て成程と思いました。

2013年度前期の制限理由が下図です。
2013y08m16d_114823636.jpg
人質にも色褪せにも「バランス」て書いてありますね。
タイトル間の強さの調整が規制理由のようです。

人質も色褪せも単純に手札が増えるのは強いですが、回収枚数は《魔法少女現る》や《練習日和?》と変わらないので必要札を集めるという点では大差ありません。
今後も魔法少女現るや練習日和?のようなカードを増やしていくという意図があるのかもしれません。

何より、2枚とも回収イベントです。
今日はDOG DAYSの発売日です。
正々堂々 レオ》の相対的強化です。貴族にサイドされるのがオチですが(笑)

既存の回収メタ(?)は
正々堂々 レオ》・《女子高生アイドル りせ》・《小さな頃みたいに 音姫》・《“秘密”を求めて 鈴》の4種類。
回収イベントを増やすのと同時に、これらのようなメタカードを今後も増やしていくのかもしれません。

まぁ、色褪せた世界はまだ選抜なので残念ながら選ばれないと思いますが。




公開中のガルガンティアを始め、
ディスガイアD2、超電磁砲Sと追加組も控えているので
今期は組み甲斐がありそうです。

WGP2013に向けて今の内に生徒会・姫乃・新聞・DOG DAYS・なのはを構築し、まどか・SAOを調整し直そうと思います。
ディスガ・とあるは待機。

リライトリペアは某氏に委ねます。

WGP2013の記事も書かなくては。
それではまた。
スポンサーサイト
  • Date : 2013-08-16 (Fri)
  • Category : WS
  • Tags : WS 部長
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。