プロフィール

チームうたたね

Author:チームうたたね
メンバー紹介
【HN】
①やってるTCG
②主な戦績
③TwitterID

【手塚/部長】
①WS・Chaos
BCF2014WS大阪ラブライブ盾
 WGP2013WS東京2位
 BCF2012WS全国8位
 BCF2012WS大阪6位
 WGP2012WS金沢アイマス盾
 BCF2013Chaos仙台グリザイア盾
 WGP2013Chaos大阪決勝T
@butyouare

【ミナセ】
①WS・Chaos
WGP2012トリオ東京3位
 2012Chaos日本選手権横浜8位
@minase_saya

【片桐】
①WS.Chaos
②WGP2011名古屋トリオベスト8
 WGP2012トリオ東京3位
 BCF2014仙台トリオ3位
@TCGPK_K

【カンバッチ/ノア】
①WS・COJ
②BCF2012横浜D.C.タイトル2位
@kanbatch514

【ろくさす】
①DM・WS
WGP2014金沢ネオス優勝
 WGP2013名古屋トリオ優勝
@roxas_WS

【オリハラ】
①Chaos・WS・MTG
WGP2014しろくろフェス優勝
 BCF2012東京全勝
 WGP2013D.C.盾
@orihara_tcg

【クロ/ホムラ】
①Chaos・WS
WGP2014Chaos大阪準優勝
 WGP2013Chaos全国準優勝
 WGP2013ネオスChaos東京優勝
@Homura257143

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

148

TCGにおける強い人と弱い人の違いについて by片桐

いやー最近なかなか更新されませんねー
このブログの倦怠期ってやつですかねー
えーしょうがないので頭悪い私が頭悪いなりに適当なこと書いてタイトルで釣ればまあ閲覧でも伸びんじゃね?チラチラ
的なのりです
まあつまりカテゴリ通りの雑記なんですけど

さて今回はタイトルの通りTCGにおける強い人と弱い人の違いについてです

TCGをする人にはやっぱり勝ちたいって思う人もいますよね
まあ楽しめればいいやという人もいますけど
勝ちたい=強くなりたいと仮定した話をしますね
「俺勝てれば強くなくていいや」っていうその場しのぎな考えも嫌いじゃないです
ただそんな人の勝利に継続性があるのかと問われれば無いと即答します
そんな人は何やっても長続きしませんよ?
今までTCG続けてきたんじゃないんですか?これからも続けないんですか?続けるなら今日1回勝って満足明日から100連敗なんて人生に耐えられるんですか?
とまあちょっと毒舌チックに攻めてみたりしましたがそういうことです
勝利を目指すなら常勝の強さを
一度の勝利を目指すのは決勝とかそういう大舞台に立った時の大一番に残しましょうよ
ってことで長かった前置きはさておくんですが
次もまだ前置きですww

まず最初に前提とさせていただくのがここでいう強い人弱い人の定義です
強い人というのはプレイングがうまくピンチを切り抜けたり相手にチャンスを与えなかったりといった面ですね
部長やミナセに言わせるところのうまい人といった感じです
強いというのがTCGでは自己意識の外側にあるものだと思っています
つまり強さとは他人の評価であり自分で「オレツエー」とか言ってる人のことではないと
まあ自分で「オレツエー」って言ってる人が周りからも評価されてるなら強いってことになっちゃうんですけど

次に弱い人
これは難しいです
上の対義語として位置付けるならプレイングが雑とか自分が有利な時に相手にチャンスを与えてしまうとかなんですけど
初心者とかTCG自体がなじみ無い人もいますよね
そんな人をいきなり「弱い!」って決めつけるのはよくないと思います
ということでここでの弱い人とは大会に数度参加していたりするなかでなかなか勝てなかったり
勝ち方が何とも言えないときに勝ってしまったりする人のことにします
周りからの評価というのも大切ですがこれは評価だけでは決めきれないところなのでこんな感じで

ところで勝ち方が何とも言えない
という表現をしましたがこれがどんなものかをちょっと説明してみると
たとえばWSでは自分2帯なのにハンド1盤面キャラ1
相手レベル1クロック6盤面キャラ4
とりあえずドローしてクロック2ドローしたらCXを引いたから打ってみたら334で殴ったはずなのに455になって打点14点入ってしまったリフレッシュポイント含めると勝ち
とかこんな風に打点が足りたから勝ちとか
まあさすがにちょっと作りすぎですがないこともないのがWSですが
こういうのは運は強いですね
確かに
でもそれで次同じ状況で同じことして勝てますか?
というのがなかなか勝てない理由だと思います
まあ自分もたまにやることなんで耳が痛い話なんですけどww
一応WSが一番触ってる時間長いのでWSで例えました
chaosだと難しいですよね
相手が防御札持ってる読みの攻めと持ってない読みの攻めがあって残念持ってましたーとかあるあるですから
そういう攻めがあって当然のゲームなのでこれはなかなか状況設定しにくいですが
まあしかしなかなか勝てない人はやっぱりいますよね
そんな人は何が悪いのかをここでは感じていただきたいですね

では本題に入りましょう
まあ結論から言っちゃいますと次につながるかどうかってやつですね
たった1回勝ちたいって思ったときに勝てるかどうかは日頃の積み重ねだと思います
では何を積み重ねればいいのかですが
勝ち負けの内側にあるもの
勝ち方と負け方ですね
同じ問題出されて同じ失敗を繰り返すから前に進めないのです
それは成長がないということです
つまり強くならないんですね
では勝ち方負け方を見直せばいいんじゃね?ってことですが
ここが落とし穴
穴に落ちたと気付かなければいつまでたってもハマったままです
そのまま地下進んでたりして
勝った時になにかミスはなかったか結果としてそのミスはミスじゃなかったというならでは正解側がミスだったのかを思い直す
勝ったやったーハイ終わりでは成長できないってことですね
まあここは難しいのですが

もっと難しいのは負けたときです
負けた理由というのは勝ったとき以上に難しい
もし勝った者が正義というのなら負けた理由は悪だらけ間違いだらけの失敗だらけです
しかし勝った者には結果ミスじゃなかっただけの本来ならミスというものがあります
つまり負けた者にも本来は正解だったのだが結果的にそれはミスだったというものもあるはずです
そこを除き自分の対戦内容について振り返るのが大切なのです
そしてこの振り返りにも二つ目の落とし穴
「自分の対戦内容について振り返ること」が大事なのです
大事なので二度同じ文書いちゃいました
「自分の」です
相手が堅かったから負けたとか相手の引きが強かったとか
まあ理由としてっぽいですよね
でもそれって堅い相手に勝てませんよね
引き強い相手に勝てませんよね
これは自分の負けた理由を考えなおしてるのではなく
ただ負けたことに対する言い訳にすぎません
誰でもできます
そんな誰でもできることをやっていては強くはなれないということです

まとめますと
強い人と弱い人の違いとは勝った時に勝って終わりにするかしないか
負けたときに反省をするのか言い訳をするのか
ということですね

まあ長くなりましたが最後にこれは私の適当な雑記です
ツッコミどころとか人それぞれの意見があるのはごもっともですが
詰まるところこれもその意見のひとつですね
まあそういうことです

ではまた
次は誰かの考察にでもお邪魔しますねー
スポンサーサイト
  • Date : 2013-06-10 (Mon)
  • Category : 雑記
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。