プロフィール

チームうたたね

Author:チームうたたね
メンバー紹介
【HN】
①やってるTCG
②主な戦績
③TwitterID

【手塚/部長】
①WS・Chaos
BCF2014WS大阪ラブライブ盾
 WGP2013WS東京2位
 BCF2012WS全国8位
 BCF2012WS大阪6位
 WGP2012WS金沢アイマス盾
 BCF2013Chaos仙台グリザイア盾
 WGP2013Chaos大阪決勝T
@butyouare

【ミナセ】
①WS・Chaos
WGP2012トリオ東京3位
 2012Chaos日本選手権横浜8位
@minase_saya

【片桐】
①WS.Chaos
②WGP2011名古屋トリオベスト8
 WGP2012トリオ東京3位
 BCF2014仙台トリオ3位
@TCGPK_K

【カンバッチ/ノア】
①WS・COJ
②BCF2012横浜D.C.タイトル2位
@kanbatch514

【ろくさす】
①DM・WS
WGP2014金沢ネオス優勝
 WGP2013名古屋トリオ優勝
@roxas_WS

【オリハラ】
①Chaos・WS・MTG
WGP2014しろくろフェス優勝
 BCF2012東京全勝
 WGP2013D.C.盾
@orihara_tcg

【クロ/ホムラ】
①Chaos・WS
WGP2014Chaos大阪準優勝
 WGP2013Chaos全国準優勝
 WGP2013ネオスChaos東京優勝
@Homura257143

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

107

P4Uについての部長の記事に対する考察 by片桐

暇人ゆえお呼びがかかったのでペルソナの考察とついでに部長の構築に対する意見をまとめさせていただきます
もともと特徴縛りでデッキ構築するのが嫌いでとくにあからさまにサポートが豊富だったりすると逆に萎えてしまうあまのじゃくな私です
よってメガネ処刑の時もメガネ分は最小限でほとんどグッドスタッフに寄せてましたし
まあそんな過去の話はさておき
部長の記事で言ってた完二についてまずは考察を

強いかどうかは使ってみないとわからないですね
とくに1クロックというコストのせいで0帯でふつうに3パンしてくるリライトに対して対抗策となりうるのかというとそうはいいきれません
テンプレリライトを使ってみた感想としては前列に立てるラインのほとんどにコストがかかってしまうせいで飛天や風などの除去系にものすごく弱いです
飛天後に前列全部に触られたりすると次のターンに3パン出来るかもあやしくなります
チェンジした後にすぐ2帯に上がるのも結構きついのにチェンジしたキャラいなくなるとかなり参ります
しかし飛天を打たれるというように0帯の3パンもあってこちらが先上がりしようとチェンジするタイミングでは相手が14や15などざらです
3パンして先上がりするくらいだから余程相手はキャンセルしたんでしょうしそのあとの3パンまで止まるようなことは稀でしょう
さてそんな14や15で除去に1クロック使っている暇があるのかというのが問題です
飛天と違い集中が後列に残ってたりするので返しにボードを取り返される可能性もあります
しかしコストという面で優位に立てることは間違いないです
よって私は使ってみないとわからないという結論になりました
対ディスガイアでの話ですがデスコを狩るためのレスト1000パンプというのがないためそこは何らかの応援などで賄うしかないでしょう
ここに関してはもう少し練ってみる必要があります

2帯のラインの話ですがラビリスの早出しも別に弱くはありませんがコストの面などで安定性には欠けるかもしれません
しかしりせのX応援という特性上ラインを高く保つには2帯のアタッカーよりラビリスのほうが性能が上だと思います

次に青色の話ですが
1帯を青くするのも一つの方法ではありますが
しかし有用な効果のカードが少ないのも事実
環境上メギドラオンのシナジーではドローは安定しません
しかし逆にジャックブラザーズのためだけなら少数でもレベル置き場に置くのに苦労はしないかもしれません
ここら辺は個性になってしまいますね

最後に3帯ですね
アステリオスがトレジャーアイコンなので手札にきやすいという利点を生かし2~3枚差してみるのもいいかもしれません
リバースさせた相手じゃなくてもクロックに飛ばせるという点が個人的に一番のミソです
また青にも回復キャラはいますのでそこを採用すれば青要素も濃く出来ます

そして部長の構築についてですが
コノハナサクヤの連動は後列まで圧迫してしまいがちです
またひとつのレベル帯に2種のシナジーを入れるとどっち付かずになってしまいいまいち成功率に欠けると思われます
そして本当の自分りせですが寝せられる音楽が1帯ではこのカード自身しかいないので序盤に使えません
武者修行→X応援→ラビリスチェンジとするコストがたまるかどうかが問題ですね
この構築では必要なカードに触るタイミングが限られてしまうので
生田目を生かしきれないときもありそうです

私ももう少し考えがまとまったら構築を上げたいと思います
以上
スポンサーサイト
  • Date : 2013-02-13 (Wed)
  • Category : WS
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。